読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nolla留学ブログ

フィンランドへの留学様子、英語学習に関する記事を気ままに書いていきます。

挨拶するときに使うよく英語フレーズ

こっちに来てからというもの、日本でもっと英語できるようになっておけばよかったと毎日後悔していますが、もうどうしようもありません。

 

英語のフレーズが学べるサイトを見たり、Youtube見たり、映画見たりしてボキャブラリーを増やしています。

その中でも、よく使われていたり、自分が反応に困ったフレーズをシェアすることで、誰かの役に立てれば嬉しいです。

 

 

さて、初回は[挨拶編]ということで、私たちが最初に習うHow are you以外のものを集めてみました。

 

出会った時

How are you doing?(元気にしてる?)

直訳すると「今どのようにしてる?」ですが、大体はHow are  youと同じように使われ、「元気にしてる?」とか「調子はどう?」っていう意味らしいです。

 

How have you been?(最近どう?)

でました。完了形です。

このフレーズは How've you been?と省略されて使われるのがほとんどだと思います。

また、完了形から察するように、出会って挨拶したその瞬間までどうだったか、というニュアンスが含まれているので、

「久しぶりに会った人」に対して使うのが一般的なようです。

 

How is it going?(調子はどう?)

こちらはHow are you よりだいぶ砕けた印象を持つフレーズのようです。

これまた普段はHow's it going? と省略されて使われています。

 

お恥ずかしいことに、過去に一度これを聞かれて「ん?how is it going...?ん...?」と困惑したことがあります。

 

 

別れの時

Have a nice day!(良い1日を!)

このフレーズは友達同士で遊んだ別れ際だけでなく、お店やサービス業の人などもお客さんに対してよく使っています。

夕方〜夜の時間帯はHave a good nightなどもよく使います。

 

日本ではあまり使われないニュアンスですが、使われるとなんだか嬉しい気分になります。

 

See you around(またね)

See you と同じように、「じゃあね、またね」といった使い方をしますが、around がつくことによって「また近いうちに」というニュアンスが少し強まるそうです。

親しい友人や頻繁に遊ぶ仲間に対してよく使われる言葉です。

 

 

まとめ

 

5つのフレーズをピックアップしましたが、日常で頻繁に使われる会話表現はたくさんあります。

そういった日常フレーズを載せているサイトはたくさんあるので、もし興味があれば調べてみることをお勧めします。

頻繁に使われるといっても私のように初めて聞いた時に、困ってしまうフレーズはたくさんあるとおもうので・・

 

自分の場合、調べたものの「フレーズ20選」とかになってしまうと頭に入らずモチベーションもあがらなかったので、実際の会話や、ドラマ・映画の中で「あ、これ聞いたことあるな」って状況を繰り返して覚えていくのも1つの手段だと思いますよ!